トップ画像

スーパーには愉快なお客さんが多い


から揚げ用鶏肉に群がる若いママたち

近隣に小学校や幼稚園などがあると爆発的に売れる商品と売れる時期が
ある。それはまさに季節指数を大きく跳ね上げてしまうほど・・・。

その商品は「から揚げ用鶏肉、もも肉」なるもので「運動会、遠足」
の前日に爆発的に売れまくる。

あらかじめ遠足と運動会の日程さえ解かっていれば品切れなる状況を
避ける事が出来るし簡単に売上を作る事が可能である。

しかし、物凄い勢いで鶏肉が売れていく、やはりお弁当の定番は
若鶏のから揚げなのでしょうか・・・?

しかし鶏肉ばかり売っていてもしょうがないのが商売人で付随して
何かを買ってもらおうと画策するのであるが・・・

例えば割り箸や紙コップ、レジャーシートやかわいい爪楊枝なる
スティックなど鶏肉の近くに並べるのだがたいして売れない。

経営陣も欲をかいて「あの時期になんとか関連して販売せよ」と
指令を出すがこれといって爆発的に売れるものは少ない。

私が思うに生鮮品は鮮度があるので前日に購入するがそれ以外は
その他の日に購入しているのでは?という事

会議でその辺りを提案したが客数の多い時に売るのが常道という
事であいも変わらず関連陳列を行っている。

しょうがないから私は粉末カレー粉を置かせて「カレー風味」
の試食を出させて販売を試みてみた。

これが意外に受けた、というのも母自慢のから揚げ大会と化している
運動会や遠足で一風変わったから揚げを披露出来るからではないか?
と私は勝手に想像している。

こういった関連陳列の方が在庫負担も少ないしリスクが少なくて
良いと思うが何故か雑貨を売りたがる・・・。

それにしても若いママたちの鶏肉に群がる様は圧巻である。
品定めの目つきと容量を選ぶママたちはこの時から真剣勝負
なのであろう・・・。