トップ画像

スーパーには愉快なお客さんが多い


日替わり商品の列に何度も並ぶお客さん

広告などに「お一人様1点限り」なる表示を見たことはあるでしょうが
この点数制限は当然の事ながら多くのお客さんの手に渡らせたいという
お店の願望からなっています。

しかしそんなお店側の考えとはよそに何度も並び何個も購入していく
強者が存在します。

最初は「あれ?なんでこんな所にこんな商品あるのだろう」と
不思議に思っていたのだが、だんだんと解かってきた・・。

まず、1個を受け取りどこかに隠すなりして置いておく、そして
もう一度商品を受け取りまた置いておく、最後に何かと一緒に
会計を済ますという算段です。

当然レジでもお一人様1点なる事は承知済みなのでいっぺんに
数個持ってくればシャットダウン出来るのだがこまめに会計を
するので全く問題なくお会計出来てしまいます。

まず商品を確保して、そして何回かに分けて会計するという
素晴らしい芸当です。

男なら面倒なのでそういった事までやらない人が多いと思うが
女性はしっかりしているので合法的に面倒な事もやってくる。

ある日、いじわるな従業員がその隠してあった商品を元の売り場に
戻していった。

お客さんの様子を伺ったいたが何も変化はなく驚いたと言う。

普通ならそんな努力をして手に入れた商品が無くなっていたら
頭に来そうだがその方はそうでもなくその後もたんたんと商品
集めをしていたそうな。

恐らくそんな経験は今までにもあったのでしょうか・・・。