トップ画像

クレームは日常茶飯事


レタスに虫がついていると激怒されたクレーム

あってはならない事とは思いますが青果物には虫が付いている事が
多い。みなさんも一度や二度経験した事はないでしょうか?

レタスに青虫なんて事は納品時には当たり前にありまして
担当店員にはチェックをしっかりするように指示をしていました。

しかしクレームが発生してしまいます、大方の方は台所で発見し
洗い流してくれると思うのですが、納得してくれないお客さんは
存在します。

一度、担当宛にクレームの電話が入り大事になった事があります。
それは担当が「農薬使っていない証拠なんですよ」という具合に
説明した事にご立腹されたとの事。

すぐにお宅へ向かい店員の対応にお詫びをしたのですが収まりません。
「なぜこうした事が起こり、今後起こらないようにどのようにお店は
 対処していくのか書面で持ってきてください」という話になり。

バイヤーも含めて協議をしましたが一応に店員と同じ考えである為
良い案が浮かびません。
「農薬使っていれば虫は付かないしね、農家の方に確認をしっかり
 やってもらうしかないな」という事で落ち着きましたが
農家の方も「虫なんて付いていたら捨てたらいいやね」という感じ。

改善書類を書くのにも非常に苦労しました、農薬使ってないから
付いてしまうなんて口が裂けても言えません。

結局は農家の方のチェックと店員のチェックの強化を長々と
書いてその場は何とか切り抜けました。

しかし後日、また同じお客さんへ虫付きレタスが行ってしまいました。
これには参りましたね、お客さんは激怒です・・・。
「書面で書いた事を実行しているのかね?もっと改善してもらわないと
 困るよ・・・。」といったお叱りを永遠30分と聞かされて疲れ果てて
 帰着した事を思い出します。

そのお客様は土や泥も許してくれませんし、青果物に対して
工業製品という目で見ているような気がしましたね・・・。

しばらくして呆れたのかうちの店には来なくなりましたが
神経をやられるお客様ではありました。

このお客さんは確かに神経質かもしれませんが似たようなクレームが
起きるのは日常茶飯事です。