トップ画像

クレームは日常茶飯事


賞味期限切れ商品ご購入でクレーム

大体のスーパーに並ぶ商品は試食など出来ずにパッケージなどの
印象や商品の様子で味を想像しながら購入する事が多いと思います。

特に果物は熟しているかにより当り外れが大きく、失敗する確率も
高い、特にアヴォガトなどは食べごろが非常に難しく、切ってみないと
美味しいのか解からない。

しかし、みなさんは返品しますか?
「あっこのみかん、酸っぱいから返すよ」という商売がまかり通ったら
お店は即閉店に追い込まれるでしょうね・・・。

しかし、実際にはあります、果物はまだしも、お菓子でも豆腐でも
牛乳でも「美味しくない」という理由で返品依頼があります。

驚くことに中身が殆どないに等しい状態で返金しろと言う始末。
これにはさすがに対応出来ませんが、とかくうるさく騒ぐ方が
多いので常識的な中身の量であれば返金対応をさせていました。

一昔前にはこんな事は絶対にありえませんし、そんな常識は
みなさんお持ちでありました。

しかし、年々こうしたクレームもどき件数は増加をしていきました。
当初は「返金すべきでない」という姿勢と「いや返すべきだ」という
経営陣の考えがあり指示は店長任せでありましたが、最後の方は
返金するべからずという方針に変わりました。

恐らく一度味をしめてしまった方が他の方に伝えて「あそこは
まずいと言ったら返金してくれるよ」という話になったのでしょう。

お客は何を要求しても良いという風潮はこうした面でも出てきて
いるのですね、いつのまにかお客様は神様ですという言葉は
嘘のように思えるようになってしまいました。