トップ画像

クレームは日常茶飯事


夏場には腐っているというクレームが多い

最近こそドライアイスや氷を店舗で用意しているところが
ほとんどであるが、昔はここまでのサービスはなかったと
記憶している。 ドライアイスは確かにありましたけど
ここまで全員の方に渡るようなイメージではありませんでした。

それでも真夏には「肉が腐っている」「色がおかしい」
「豆腐がねべっている」「アイスが溶けている」なるクレーム
が増える。

「店員は氷やドライアイスをおすすめしてくれなかった」という
話にもなり、店内表示を夏場は強化して行っていた。

そもそも夏場に何時間持ち歩いていたのだろうか疑問だが
そんな質問をお客さんにしようものなら逆切れされて2次クレーム
となるので聞かないようにしていたが明らかに高温にさらされて
いた結果と思われる物が殆どであった。

気の利いた主婦の方は保冷バックを持参してしっかり保冷を
されてから帰られるが、そうでない方も多いのが実情です。

レジで「氷はあちらに用意してあります」と一言添えるように
指示をして何とかクレームを抑えようとしましたが、時折
発生しました。

一番多いのがやはり「お肉類」当然当日加工の商品ですし
管理はしっかりされています、色も鮮やかな赤で店を出ていったが
見たときには灰色に変色していた。

ちょっとした注意でこういった事は防げるのですが、氷を取るのが
面倒なのか解かりませんが使用していないで街中を何時間か歩いた
お肉は間違いなく傷んできます。

こういった事も店へのクレームになるのです、ですから先手で
こちらが掲示や一言添えるというのが他の事でも非常に重要です。